整髪料などがついた髪の毛が顔につかないように、スキンケアのためヘアスタイルを工夫しています。

顔のスキンケアをするときにいつも気をつけているのは、「髪の毛を顔に垂らさないこと」です。家の中にいるときはもちろんのこと、外出するときも極力前髪を顔に垂らさないヘアスタイルを心がけています。風が強い日は、前髪も横の髪も後ろの髪もすべて編み込んでしまいます。前髪から順々に編み込んでいくのでヘアスタイルを作るだけでも大変なんですが、それでも朝作った編み込みスタイルは夜になっても崩れることがありません。多少風が強い日でも雨天の日でも、朝作ったスタイルが夜までしっかり持つのでやりがいがあります。顔に髪の毛がばさばさ当たるとその刺激で肌荒れします。髪に整髪料や洗い流さないトリートメントがついているときはそれが顔にまでついてしまいます。顔がべたつきますしその部分にほこりがつきやすいので、髪はしっかりセットして肌を守っています。スキンケアはこういうところから見直してみると良いんじゃないかと思いながら実践しています。