レタスはお腹も膨れるしビタミンも豊富なのでダイエット食材としては最高に適しています

ダイエットの時に利用する食材といえばキャベツが有名です。キャベツを白米代わりにしてダイエットをするキャベツダイエットというものも流行っています。理由は、カロリーが低く、噛み応えがあるためアゴが疲れてしまい思ったよりも食べなくて済むからです。しかしキャベツのカロリーよりもレタスのカロリーのほうが倍以上低いのです。レタスの九割は水分ですので、食べても尿として出てきますし、食物繊維も豊富ですのでお通じもよくなります。キャベツよりも噛み応えがないためあごも疲れませんしサラダにしやすいので食べやすいです。
1玉で50キロカロリーくらいですし、夏場は100円もしないで購入できます。またレタス鍋というものも今はあり、レタスだけでは物足りないなぁというときは鍋にして味を工夫することもできます。鍋にすると満腹感も違いますし、味を変えることができますので飽きずにダイエットを続けることができます。沢山食べてもカロリーが低い、おちうのは女性にとって嬉しいと思います。